ふぁぼって紅

偏見によるバストークと軽い読み物

努力義務違反

——

努力義務違反  -Duty of effort-

——

 青春時代を棒に振り、いまだかつて訪れたことのない青春という甘い蜜の味に愁いを抱く青年は、いつしかこの現実世界にあって無いような端くれ、まるで陸の孤島の半創造世界に己の居場所を切り拓いていき身を置くようになった。並の時間をかけてようやく手にした居場所と相応の地位に、それを取り巻く独特の世界線。どんなに上辺を美しく塗り固めようとも、常に真実と共にあるのが定め。半ば逃避した先、音もなく動き出した新たなる一章節の行方。もう何度目か。それは、終着点の見えない——

 

——

   弩祈 こん

——

■[1-1] 「世界線は噛み合わない」 2017.10.07 up!