ふぁぼって紅

Favoriteが欲しすぎました。いや、欲しすぎます進行形で。偏見による乗りもの語りと軽い読み物を少々嗜む程度に書いています。

努力義務違反 (―予告編)

……

…………

………………

 

口をそろえて、人は努力しろと言う。当然、何ら尽力せずに多くを望むことは強欲であると認識している上で世間体がさほど甘くないことくらいは十に承知しているつもりだが、だからといって自分の感情をなおざりにしておけるかといえば、否、そうではないだろう。努力した先に待ち受けているものは何だろうか。人々は決して努力の観測者にはなってくれない。尽力の果てにあるものは温かい容認ではない。生半可な目に他人の努力など映らない。元々終着のない向上を、ただ相手の一切を考慮せず機械的に繰り返し促すだけという薄情なものだ。第一、それは他人の努力を読み解こうとする努力が足りていないことに端を発するから、そもそも言動が相反していることにもなる。それに、倫理が存在する以上、いくら努力をしたところで実る公算が著しく低い物事は極めて多岐にわたる。簡単な話が、毎分毎秒、怠らず念じれば生身で空を飛べるかと問われれば言葉にするまでもなく、結末は絶対的に明白だろう。

もっと例えてみよう。空想上でなく生身の自分という人間が高嶺の花の象徴とも称するべきアイドルと赤い糸で結ばれる確率は果たして十分だと高らかに語れるだろうか?わざわざ口にするのもみすぼらしいほど、もはや天文学的な確率論の世界になること必至だ。とまあ、苦言に近しいソウルの叫びを書き連ねてはみたが、巷から言えば年端もいかない若造の分際で悟り切ったかのような物言いをするのはあまり感心に値しないはずだ。それでむしろいい。僕だけはいつまで経ってもガキだ。

青春とは反抗したいお年頃だ。青春が何であるか、一口に定義を紐解ける人がいたらぜひともその語彙の深さと知性を少しでも分けてほしいところだが、というよりは青くして現実の壁に直面し得るこの世知辛い世界そのものに問題があるのではないかと思わず苦言を呈したくなってしまうのは一種の若気の至りのようなものだろうか。いずれにせよ、子供の戯言で終わってくれて一向に構わない。僕も、僕たちも、君も、今はまだ未熟なまま、大人街道に差し掛かったばかりだ。

明瞭かそうでないかの相違はあれ我々は目的意識が先行しがちで目下重要視されにくいが、目的に到達することが一つの終着点だとすると実のところ末端を目指し奔走する過程の部分が最も価値のある、何物にも代えがたいかけがえのない、とでも言っておこうか。残念ながら僕は遠く無縁になってしまったが、学校と思えば非常に理解が深まるのではないか。

すべての授業過程を履修し、卒業して肩書きを失っては全くに空っぽだ。残るものは胸に秘めた記憶の欠片と、形あるもので卒業アルバムなんかだろうか。だからこそ在学中の、その履修の過程に起こる出来事が青春なんていうやつなのだろう。

ところで、先にアイドルとの相思相愛の可能性を比喩として引き合いに出したのは他でもなく、自分の生活に密接に関わっているからだ。これまた我ながら語弊を招きそうな言い方をしたものだが、青春のくだりの延長線によいのでついでに腹を割っておく。密接に関わるというのは、それこそ壮絶なスケールで選ばれし小数的、天文学的な確率の覇者であるという完全勝ち組を豪語、格式の違いを誇示しているわけではなく、単にその類とほぼ同義と言えるモノによって僕の小宇宙が形成されているのだという意訳に過ぎない。僕は近状に満足していない。そうだな、ただちっぽけな。

セミの一生は実に短いと言われている。幼虫時代を暗い地中で過ごし、ある晴れた日の夕方、樹上に現れたそれは羽を広げ、まだ見ぬ大空へ向かって翔けていくのだ。残り少ない天命を知ってか知らずか、今という取り留めもない一瞬を律儀に過ごしている。小さい世界だ。一生のうち、その目に映るものは決して多くはないだろう。セミに対する情熱は特になく、知識に長けていることもないが、こう脚色をつけたくなってしまうのは所詮ヒト目線だからだろうか。羽化後の短い生涯、異性と運命の出会いを果たせる確証は?

あるいは、大きすぎる世界の狭い片隅に溺れ、見落として、それでも必死に断片を探そうともがき続け、可能な限りの手を尽くした。いや、そうしようとしたのか。

広い世界の、氷山の一角で。狭く乏しい視野の中。

でも、僕らにはまだ、わずかの猶予が残されているから。

それは青春と称するにはもう手遅れで、輝きをあまりに失い切ってしまったけれど。

――報われたい。当然だろう?

 

『――ふゆくん』

背後よりお呼びがかかったので、軽く目を見開いて声の主のほうへ向き直ろうとする。

「……うん?なんでしょう」

心なしか肩に手のひらと思しき温もりが触れた気がした。

『チェキ!撮ろ――』

少女はにこやかに言った。腰に「ひかげ」と大きく書かれた腰のネームプレート。肩丈ほどの、さながらショートカット風味におさげ。別に僕ら昔の人間ではないのでいくらか今風に言うと姫カット、ぱっつんなどと言ったりするんではなかろうか。

「……て、ああ、俺か!」

自分の番か、と短く応えると席を立ち上がっては彼女の隣に並ぶ。

『寒くないの?そんな格好してて』と彼女は言う。

「中じゃそんなに寒くはないぞ」

言って僕はTシャツの襟をつかんでみせた。

『寒いよー、信じられない!』

「そうか?俺は名前が寒々しいだけだからな、大したことないよ」

『もう夏じゃないんだよー』

「まあ、残念ながらそうだな」

自然と会話が生まれることに喜びを覚えつつ共に店内を歩き、ホールの正面に位置する小高いステージへ上がると、少女は角の丸いピンクのカメラを取っては僕に手渡してくれた。仕事の一環なのだから手慣れたものだ。

――チェキ。敢えて解説するまでもないだろうが、一言で片付けるとその場で現像がなされるポラロイドカメラだ。今時の女の子でその存在を知らない者は果たしているのだろうかと首をひねるほどであるし、それだけ普及しているものだ。例えば、アイドルという象徴的なビジネスには重宝されている。つまり、チェキ撮影なる行為に金銭を発生させて効率的に利益を上げているわけで、今この瞬間まさにカメラを握っている僕も通貨という対価を払っているのはもはや言うまでもないだろう。

「……いきまーす!」

 『……はーい』

カチ、と安い機械音の後に側面から長方形の台紙と一体のフィルムが放出され、それはすぐに造影される。

どうもフィルム側に充満する現像液をカメラ本体のローラーで均一に伸ばすのがこの規格の特許だとかと聞くが、あまりメカニック的な部分に踏み入れるのは無知がばれるので控えるとしよう。

撮影されたチェキを手渡すと、簡単にではあるが思い思いにデコレーション、格好をつけずに言うとお絵描きをしてくれる。模範と少し違うのは、少なくとも少女達はアイドルではないアルバイトの一般人というところであるが、こちら客からしてみれば暗黙の了解で高嶺の花なのはアイドルと大差ない。認識として同じようなものだ。

『……ふゆくんって冬生まれなの?』

少しの沈黙を経て、口を開いた彼女が話題を提供してくれた。

「いや、実は夏」

『そんなに寒い名前なのに?』

「……存在が寒いみたいな言い草だな」

『……へへっ、ばれた?』

「そりゃなぁ……って、悪意あるのかよ!」

『うん、それなりには』

そう言って悪戯に微笑む彼女は、この限りなく広く霞んだ世界の何物よりも無垢であるかのように感じられた。魔法使い見習いは勘違いしやすいから。

「おいおい、ひっでぇなぁ」

少し顔を緩めておどけてみる。会話なるものはいつの時も出始めが肝心だ。沈黙自体が怖いのに、初っ端から話しが弾まず滞っているようでは、雲行きが怪しいだけでなく話題の発展性もない、それこそ文字通り話にならない。

『えー、スキンシップだよー?』

「……スキンシップって主に身体接触を言うんじゃないの?」

掴んだ話題には全力で、必死に食らいついていく。なるべく途切ることのないよう食い繋いでいく。それくらいの気概がないと、いとも簡単に静寂は訪れてしまう。

『お触りはだめだから、その分言葉のスキンシップねっ!』

「……言葉の暴力、の間違いじゃなくてか?」

『だとしても嬉しいでしょっ?』

「まあ」

当たり前だ。取り留めもない、けれど世間話などではない“個”として囃してくれているのだから嫌な理由はない。

言葉を交わすということ。続く言葉があるのは、当たり前じゃない。たかだか二十年と少しの未熟な経験量でしかないが、伊達に根暗陰キャをやっていないので本当にそれは再認識しているところだ。

特に出逢いから日が浅いうちはお互いに自分史の初歩であるプロフィールの部分からアプローチしていったりするのが自然だろう。それは金銭授受の有無に関わらず、いかなるケースにおいても人との関係を築く上で初歩となる基本原則ではないかと感じる。当然ではあるが、会話にぎこちなさが払拭しきれていないうちは言動の端々に壁や距離を感じることが多かったりするわけである。僕がこの業界の何に精通しているというわけではないが、如何せんこの趣味を始めて短くもない。礎を築き上げるその決して短いといえない下積み期間はどうにも歯がゆいのだ。……まぁ、僕なんては万年下積みか。

忘れてはいけない、ここは”そういう世界“だ。それ以上でもそれ未満でもない。ただ、いつの時どこの世界にも例外というものは存在するのだけれども――

それはまた今度、別の話にしようか。

……

時間にすると何十秒にもならない、云わば一瞬の沈黙。

「……そういえば」

とまで言ってやはり、と口ごもった。

『どうしたの?』

彼女は、僕の発した些細な一言にも真摯に取り合ってくれる。面倒な素振りなど見せずによく耳を傾けてくれる。もっとも、知り合って何ヶ月というわけでもない、彼女の身上からしてみたら新参のようなものだ。いいところで二ヶ月くらいは経っただろうか。たった二ヶ月で何がわかるというのだろう。

無論だ。正直解らない。それに、大前提として今一度記しておくと金銭の発生する営利関係だ。向こうは店員でこちらは客ときたら、ただスタッフとして客の一人に接客をしているに過ぎない。でも、もしかしたら。

もしかしたら、この人になら――この人となら長いこと夢に見ていた対等の立ち位置で、なにか宝石の類のように透き通り鋭利に輝く日々が送れるのではないか。そんな気さえしてしまうほどに、僕はもう恍惚し始めていたのかもしれない。

「……いや、ちょっと聞きたくてね」

『うん?』

だからこそ、無用な催促になってしまいそうで非常に聞きづらいというか言い出しづらく、わざわざこの期に及んで軽薄に口にする必要があるとも思わないようなことだった。

「んと……、その」

『なに?言ってみてよ』

だから、できるだけ直球を避けて無難に。

……そう。

「俺のアカウント、フォローしてくれてたっけ?」

 

……

第一話『世界線は噛み合わない』

Coming soon...

 

  • 第一話『世界線は噛み合わない』